【連載】WAgg Vol.10 ナルハワールド「ギャンパレに新しい何かを与えられる存在になりたい」

BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行うWACKが手がけるアイドル育成プロジェクト『WAgg』。2018年9月9日にデビューを果たし、定期公演でのライヴやSNSでの発信などを中心に活動を続け、2019年3月24~30日の6泊7日にわたって長崎県の離島・壱岐島で行われた〈WACK合宿オーディション〉に参加(※愛を除く7人)。ナルハワールドがグループ初のGANG PARADEへの昇格を果たした。

ナルハワールドは、初めてのソロ・インタビューでは言葉少なめだった。言いたいことがあっても、なんとなく言葉を濁しているところがあった。だけど、本当に言いたいことや強い気持ちを胸の奥底に持っているということはそのまっすぐな目から伝わってきていた。そんな彼女は6泊7日の合宿オーディションで、自信を持って自分の気持ちを素直に語れるようになっていた。WAggのナルハとして、GANG PARADEのナルハに変わっていく貴重な今を記録したインタビューをお届けする。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:外林健太


昇格したいという想いが日に日に強くなっていった

──2019年1月3日に開催された〈WACKなりの甲子園〉のステージ上で、WAggのメンバーも合宿オーディションへの参加表明をしました。ぶっちゃけ、ナルハさんは合宿に参加するか迷ったりしなかったですか?

ナルハワールド:最初は、WAgg自体がまだ全然知られていなかったので、知ってもらうために合宿に参加しないとという気持ちだったんですけど、正直ちょっと迷っていた時期はあって。親に相談したり、メンバーにもいろいろ訊いたりしていたんですけど、行かないという選択をしたら絶対に後悔すると思ったんですよ。「なんで行かなかったんだろう」とか「行っておけばよかった」って後悔するのが1番嫌だったので参加した方がいいと思って決意しました。

──あんなにたくさんニコ生や撮影用のカメラがあるのも初めてですよね。ずっと撮られているのはどういう感覚でした。

ナルハワールド:気になっちゃいました。カメラ1つ1つに全部観られているから弱音も吐けないというか。自分の生活が全部みんなに観られているのは怖いことだなと思いましたね。

──WAggは研修生的なグループとして始まったわけで、先輩グループに上がっていく可能性があると言われていましたけど、合宿までって、そこまでリアリティがなかったじゃないですか。

ナルハワールド:そうですね。なかったです。

──合宿中に「昇格」という単語が出てきたとき、「あ、これは昇格がかかった戦いでもあるんだ」と実感したんですど、ナルハさんはいつぐらいから昇格とか上のグループに入るんだという気持ちが強くなってきたんでしょう?

ナルハワールド:正直、最初はそんなになくて。毎日候補生が脱落したり、メンバーも毎日落ちはじめたりする中、私は残れていて。WAggを広めるのも大事だけど、自分のことを考えたら帰るのは嫌だし、最後まで残って昇格したいという想いが日に日に強くなっていきました。

私、ここで変わらなきゃって気持ちになりました

──合宿2日目にしてマリン・バさんの名前呼ばれたじゃないですか。本当に名前が呼ばれるんだ…… みたいな緊張感が生まれましたよね。

ナルハワールド:発表のときは本当にビクビクしていました。今日自分の名前呼ばれるんじゃないかとすごく怖かった。緊張とプレッシャーといろいろが混ざって、毎日あまり眠れなかったです。

──合宿を通して1番大変だったことは何でしたか?

ナルハワールド:最初はあまり積極的じゃなくて、渡辺(淳之介 / WACK代表)さんにも面談で自分から前にいかないとって言われて。自分でも分かっていたんですけど行動に移せなかったので、それを毎日できているかなと思う時間がつらかったです。周りから見て、自分は少しでも変わっていると思われているのかなって。

──合宿4日目のダンス練習中、突然、渡辺さんから声かけられたじゃないですか。「後悔するなよ」って。どんな心境だったんでしょう?

ナルハワールド:あのときは「WACK is FXXK」を1から振り付けしていて。私のグループは、ダンスの上手い子たちも歌も歌える子もいっぱいいて。みんないっぱい振り付けを考えてくれているのに、私だけついていくのに必死で、上手く自分のことも言えなくて半泣き状態みたいな感じだったんです。そのとき名前を呼ばれたので、渡辺さんに見られていると思ってめっちゃ号泣しました。でも、「そこで気づけたならよかったじゃん」ってことをマネージャーさんが言ってくれて、私、ここで変わらなきゃって気持ちになりました。

──1回体育館から出ていってしばらく戻ってきませんでしたよね。

ナルハワールド:悔しくて、悲しくて、外で泣いていました。泣き出したら止まらなくて。無理やりにでもそこは切り替えて戻りました。

今までで1番自信を持てたステージになりました

──合宿が進んでいく中で、最後まで残れるという自信はあった?

ナルハワールド:正直全然なかったです。カメラに映れないし、発言もできないし、目立っていないと思われているなって。だからこそ、マラソンでしか自分をアピールできなかった。いつ落ちてもおかしくないと思いながら1週間毎日を過ごしてきたので、まさか最後まで残れるとは思っていなかったけど、残れたのは本当に嬉しかったです。

──合宿6日目のニコ生アピールでの3分スピーチは、どんなことを話そうと思ってカメラの前に立ったんでしょう。

ナルハワールド:それまで目立ってなかったから、言いたいことを言おうと思って。ギリギリまでどうしようって考えていたんですけど、合宿でどんなことをしてきたか、今どうしたいのかだけでも伝えようと思って。先輩グループに上がりたいってことを言いました。

──最終日に合宿の舞台と同じ壱岐島で行われたフリーイベント〈WACK EXHiBiTiON〉はどんな気持ちで迎えましたか?

ナルハワールド:合宿が終わってすぐのライヴだったので、自信を持った顔でやろうと思っていました。最後まで残れたというのもあって、今までで1番自信を持てたステージになりました。

──今までのWAggは、定期公演とSNSの発信がメインだったので、グループの物語と曲がリンクしなかったけど、合宿を通してステージに臨んだという点で、曲に対する思い入れやストーリーが乗ったライヴになったと思いました。

ナルハワールド:合宿で先輩から教えてもらったことや考えたことを想いながらパフォーマンスをしました。いつもは笑顔で全力でやることを目標としてやっていたんですけど、〈WACK EXHiBiTiON〉ではこういうこと教えてもらったなということを思い出しながらやったら、いつもとちょっと違いましたね。

暖かく迎えてくれたのが嬉しかった

──全グループのライヴが終わったあとの合格者発表で、ナルハさんのGANG PARADEへの昇格が発表されました。どんな気持ちでステージに立っていたんでしょう。

ナルハワールド:WAggのメンバーが3人残っていたんですけど、まさか自分が呼ばれるとは思っていなかったからすごくびっくりしました。しかもGANG PARADEさんで。私が入っちゃっていいのかなって気持ちもあったんですけど、上に上がりたいと言ったのはそこが目標だったので。嬉しい気持ちと、3人の中で私1人だけだった複雑さもあって。2人も絶対に上がりたいって言っていたから。その2人の分も頑張らないといけないなと思いました。

──GANG PARADEにはどんなイメージを持っていましたか?

ナルハワールド:キレッキレで格好よくて、存在感がすごくて、手に届かないような存在。合宿でミキさんとグループが一緒になったとき、身近なところでいつも見てくれていて。たくさん話を訊いていく中で、手が届かない憧れの存在だったけど、ギャンパレに入れたらいいなと思うようになって。だから、本当に嬉しかったです。ここがゴールじゃなくてスタートだけど、ギャンパレで始めることができるのはすごく光栄です。

──ミキさんの取材をしたとき、よくよく考えるとナルハとチームがいっぱい一緒になってたって言っていました。それは感じていました?

ナルハワールド:思っていました(笑)3、4回ぐらい一緒のチームになったんですけど、ミキさんのことが好きなので嬉しかった。いっぱい教えてもらったり、勇気づけられました。不安だったときもいっぱい声かけてくれました。

──ミキさんとのやりとりで印象深かったことはありますか?

ナルハワールド:私は身長が小さいので、人よりも何倍も動きを大きく見せるために工夫しなきゃいけなかったんです。そこでミキさんが、例えば髪の毛をいっぱい動かしたり、手を回す振りで胸を張ってぐってやって遠くのものを掴むようにだったり、私がどうやったらいいのか一緒に考えてくれて。声量を出すために1回叫んでみなとか言ってくれたり、めっちゃ頼りになる存在でした。

──合格で名前が呼ばれて、GANG PARADEメンバーとはどんなことを話したんでしょう。

ナルハワールド:「おめでとう」っていっぱい言ってもらって。暖かく迎えてくれたのが嬉しかったです。最初、合格者で私の名前が呼ばれたとき、本当はメンバーのところに行かなきゃいけなかったのに、ただ前に出るだけでどうしたらいいか分からない状態になっちゃって。それなのに、ナルハ頑張ろうねっていっぱい言ってくれて。受け入れてもらえたことが1番嬉しかったです。

堂々と「私はGANG PARADEです」って言いたい

──WAggのメンバーからはどんなことを言われました?

ナルハワールド:「おめでとう」って。みんな絶対、複雑なはずなんですよ。そんな中でも「おめでとう」とか「頑張れ」とか「よかったね」って言ってくれて本当に優しかった。そういうみんなのことが大好きです。

──サアヤイトさんが泣いてくれたってことも言っていましたよね。

ナルハワールド:ステージ裏で待ってくれていて。ぎゅーって抱きついて、「おめでとう」って一緒に泣いてくれて。WAggの活動がはじまったばかりのとき、練習で2人だったときがあったんですよ。私が唯一心を開けたのがサアヤイトだった。それまで、私はここにいていいのかなって感じてしまうときもあったんですけど、最初から一緒にいてくれたのがサアヤイトで。私の昇格も1番喜んでくれて、「頑張って」って泣きながらぎゅっとしてくれて。嬉しかったけど、離れちゃうと思うと、やっぱりさみしくて……。そういう涙もありました。

──WAggでの活動はあと1ヶ月ちょっとです。どんな風に過ごしていきたいですか?

ナルハワールド:メンバー1人1人とちゃんと話したいです。これまで1人1人と話すことってなかなかなくて。この1ヶ月は濃い1ヶ月にしたいなと思います。大切にしたい。1対1でいっぱい話したいことがあるかな。

──ナルハさんにとってWAggのメンバーってどんな存在なんでしょう。

ナルハワールド:今まで会ったことない人ばかりで、すごく刺激的というか。自分の全部を変えてくれた人たち。WAggに入る前は、全部他人に任せたりして過ごしていたんですけど、ここでは自分で何かしないといけない。ちゃんと私に「どう思う?」とか訊いてくれたり、仲間に入れようとしてくれて。それがすごく嬉しかったです。

──WAggとしての最後のライヴはどんなステージにしたいと思いますか?

ナルハワールド:私がいたWAggで1番最高だと思ってもらえるライヴにしたいです。「私がWAggにいてよかった」って思ってもらえたらなって。

──GANG PARADEでのお披露目ライヴは、日比谷野音ワンマンです。規模もすごく大きいですよね。そこに向けて、どんな気持ちでいますか?

ナルハワールド:ドキドキです。GANG PARDEの一員として見てもらえるときだから、そこにちゃんと染まれるように頑張りたいです。

──ナルハさんはWAggの活動を通して成長を遂げましたが、GANG PARADEに入ってからは、どんな自分になっていきたいと思いますか?

ナルハワールド:WAggのときよりもレベルアップして、私が入ることでGANG PARADEに新しい何かを与えられるような存在になりたいし、遊び人(※GANG PARADEファンの総称)さんからもギャンパレの一員と見てもらえるように早くなりたいです。ダンスとか歌とか、まだまだ足りない部分もいっぱいあるので、先輩方の中で経験したり教えてもらって、堂々と「私はGANG PARADEです」って言えるようになりたいです。


これまでのWAggインタビューをあわせてチェック!
WACKを揺るがすかもしれない8人の女の子たち──アイドル育成プロジェクト“WAgg”初インタビュー
Vol.1──ナルハワールド「素直さや元気さを出していきたい」
Vol.2──マリン・バ「WAggで1番になりたい」
Vol.3──ウルウ・ル「WAgg8人で、いいねって思われたい」
Vol.4──アンズピア「今の目標は、楽しむこと」
Vol.5──ウタウウタ「一体感を作りながら個性を乗せていけるグループにしていきたい」
Vol.6──愛「もっともっと意識を高く持ちたい」
Vol.7──サアヤイト「8人の個性が伝わるようなグループにしたい」
Vol.8──ハナエモンスター「8人で会場を埋められる存在になりたい」
Vol.9──マリン・バ「人に必要とされる存在にならなければいけない」


WAgg PROFILE

マリン・バ / ウルウ・ル / ウタウウタ / ア・アンズピア /ナルハワールド / 愛 / サアヤイト / ハナエモンスター

■WAgg Official HP
http://www.wagg.tokyo/

・WAgg Official Twitter
WAggidol

・WAggメンバー Twitter
マリン・バ : @MARiN_WAgg
愛 : @L0VE_WAgg
ア・アンズピア : @ANZU_WAgg
ウタウウタ : @UTA_WAgg
ハナエモンスター : @HANAEMON_WAgg
サアヤイト : @SAYA_WAgg
ナルハワールド : @NARUHA_WAgg
ウルウ・ル : @URUURU_WAgg

WAgg「WAggs」

2019年5月1日(水・祝)大阪府 ROCKTOWN
2019年5月4日(土・祝)宮城県 enn 2nd
2019年5月6日(月・振休)愛知県 RAD HALL
2019年5月12日(日)新潟県 柳都SHOW!CASE!!
2019年5月19日(日)埼玉県 浦和ナルシス ※ナルハワールド卒業公演
2019年5月26日(日)東京都 TSUTAYA O-nest ※セントチヒロノイモウト(仮称)お披露目公演

.

■GANG PARADE ライヴ情報
CHALLENGE the LIMIT TOUR
2019年5月19日(日)大阪 大阪城野外音楽堂
Open/Start 16:30/17:30
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

2019年5月26日(日)東京 日比谷野外音楽堂
Open/Start 17:00/18:00
[問]KM MUSIC 045-201-9999

チケットURL : w.pia.jp/t/gangparade/
指定席 6,000円(税込)
芝生席 5,000円(税込) ※大阪公演のみ
立見席 5,000円(税込) ※東京公演のみ

■リリース情報
GANG PARADE  MAJOR DEBUT SINGLE『ブランニューパレード』
収録曲:
1. ブランニューパレード (作詞:松隈ケンタ×JxSxK 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
2. Dreamer (作詞:テラシマユウカ 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)(+Instrumental))
2019年4月17日(水)発売
品番:WPCL-13035
価格:1,000円+tax
WARNER MUSIC JAPAN/FUELED BY MENTAIKO
予約購入リンク:https://GANGPARADE.lnk.to/NEWSG0413AW

.

あわせて読みたい