【連載】Jumpei Yamada「illusionism」Vol.10─────時見恵利那 × まりな(日本マドンナ)

 

泉谷しげるや曽我部恵一をはじめとしたミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD、書籍、広告、webや雑誌などの撮影を手がけている写真家のJumpei Yamadaが、写真をもっと自由に捉えてほしいという想いをもって、7月3日(火)よりスタートした新連載「illusionism」。

公募で募ったゲストモデルを撮り下ろし、その写真を元にゲストライターが想像した文章を自由に執筆、写真と一緒に掲載していく。毎週火曜日更新予定。

 

「illusionism」Vol.1はこちら

「illusionism」Vol.2はこちら

「illusionism」Vol.3はこちら

「illusionism」Vol.4はこちら

「illusionism」Vol.5はこちら

「illusionism」Vol.6はこちら

「illusionism」Vol.7はこちら

「illusionism」Vol.8はこちら

「illusionism」Vol.9はこちら

 


「illusionism」Vol.10

 

Mさんと花火をするため土手へ向かう。夏もそろそろ終わりに近づいてきたから花火をするのはわかるけれど、どうして『線香花火』だけをいっぱい買ってきたのだろう。普通の花火パックを買ってくれば良いのに。やっぱり、少し変わったところがある人だ。

 

 

特に会話もないままMさんの少し後ろについて歩いていると、目の前の背中からからかすかに鼻歌が聞こえてきた。何の曲か訊こうと口を開きかけた瞬間、ふっと前から疑問に思っていたことが浮かんできた。

 

「そういえばMさん、下の名前『生』って書いて何て読むんですか?」

 

「“すすむ”だよ」

 

「へえ、素敵な名前ですね」

 

「うん、誰も正しく読んでくれたことないけど、気に入ってる。名前は生まれて最初に与えられるアイデンティティだから」

 

土手についてもまだ明るかった。夏の夕刻はしつこい。蒸し暑い空気の中で草の匂いに囲まれながら、Mさんの鼻歌と、どこからか聞こえてくるみじめったらしい蝉の鳴き声をBGMに日が落ちるのを待つ。Mさんはバッグの中からポケットウイスキーを出して「呑む?」と勧めてきた。その小さなビンを受け取り、栓を開けて一口呑んでみると、アルコール臭いぬるい液体が口の中に広がって、喉を通る時に火が点いたようにカッっと熱くなった。全く美味しくないし、余計に喉が渇く。

 

 

 

川の向こう岸の方にぼんやり浮かぶ鉄橋に電車が通るのを見て、ようやく辺りが暗くなってきたことに気付いた。Mさんは袋から線香花火を一本取り出して私に持たせ、先っぽにライターを近づける。ちりちりと音を立てて静かに火花が散り始め、その様子を二人は無言でじっと覗き込んだ。不意に、まだ少しヒリヒリしていた喉に細い煙が入り込み、むせて咳込んでしまい、その拍子に火種がポッと音を立てて落ちた。それでも咳はなかなか止まらず、Mさんは涙目になった私の背中をさすりながら呟く。

 

 

「大丈夫?俺の唾液、万能薬と同じ効果があるけど飲む?」

 

「さっきからそれ、何なんですか?全く面白くないんですけど」

 

なるべく無表情のままMさんの顔を見つめ返すと、彼はニッと歯を見せて笑顔を作ってから「ほら、まだまだあるから。どんどんやらなきゃ終わらないよ」と、次の線香花火に火を点けた。

 

〜シーズン1・完~

Jumpei Yamada「illusionism」のシーズン1はこれで一旦終了です。
現在、シーズン2に向けて誠意制作中。
シーズン2の再開をお楽しみにお待ちください!


Text = まりな(日本マドンナ)

3ピースバンド「日本マドンナ」のギタリスト。
2018年4月には6年ぶりの新作『ファックフォーエバー』をリリース。
新宿を拠点にマイペースに活動中。
Twitter : @nihonmadonna

Model = 時見恵利那

2011年までアップフロント関西に所属し活動。
東日本大震災復興企画『がんばろうニッポン愛は勝つ』プロジェクトのチャリティーソングへの参加や京セラドームにて開会式での国家斉唱などを経験。
NHK『あほやねんすきやねん』J-COM『8時です!生放送』
関西テレビ『mu-jack』出演。
作詞作曲をした楽曲が『かつみさゆりのなかよしがいちばん』のオープニング曲として選曲される。
ラジオCMや声優 Tシャツデザインコンテストのイメージキャラクターやヤマハミュージックレボリューションにて母校OSM専門学校グランプリ受賞。
オーラルスマイルコンテストで優勝。
2017年、主演映画『毒と蜜』がミニシアターにて公開。

Twitter :  @tkmern28

Photograph = Jumpei Yamada(じゅんぺい・やまだ)

1987年富山県生まれ。
2007年より関西にて活動。
活動拠点を東京へ移し、2014年独立。
ミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD・書籍・広告・webや雑誌等各種媒体の撮影を手がけ、並行して自身の作品制作も行う。

2015年2月 写真集「ギミ!ギミ!ギミ!ダーリン!」発表。
2018年2月写真展「immanent」at 高円寺FAITH

Web : https://jumpeiyamada.com/
Twitter : @jumpeiyamada_

写真はもっと寛容で発想力を掻き立てるもの──写真家・Jumpei Yamadaが人生、連載を語る


被写体募集
illusionismに被写体として参加して頂ける方を募集中です。経験不問。興味のある方は「氏名」「年齢」「バストアップ写真、全身写真(3ヶ月以内撮影)」「芸能活動されている方は芸歴・活動歴」を明記・添付の上、件名:被写体募集にてillusionism.wanted@gmail.comまでご連絡下さい。応募者多数の場合、採用させて頂く方にのみご連絡させて頂きます。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。