【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第11回

2018年12月24日。ここ、歌舞伎町にも、Xmasイヴがやってきた。

歌舞伎町でイヴといえば、真っ先に連想してしまうのが、イヴちゃん。そう、元祖・歌舞伎町のアイドルこと、ノーパン喫茶の女王・イヴちゃんに決まってる。

色白で、清楚な顔立ち。スレンダーボディ、そして巨乳。

いや、違う。イヴちゃんの売りは、そうではなかったはず。私は、己の巨乳審美眼が鈍ってきていることを痛感した。言うなれば、巨乳イップス。

イヴちゃんが巨乳だったのかどうか。エトウさん・サカイくんと審議することにしよう。

バカ、バカ、私のバカ。今はそんなことはどうでもいい。

現在の歌舞伎町のアイドルといえば、「ロザーナ」のエリカ嬢。Xmasイヴ当日の夜21時。私は、エリカ嬢との約束を果たすため、歌舞伎町へと歩を進める。

新宿駅東口を出て、百果園のパイン串の甘い匂いを嗅ぎながら先を急ぎ、靖国通りを渡って、歌舞伎町一番街のアーチをくぐる。

途中、チャラそうな居酒屋店員の誘いを、龍神池の飛び石に移る要領でかわしていく。新宿東宝ビルのゴジラを眺めつつ、新宿LOFTのラインナップをチラ見して、ホストたちの前を通り過ぎた。

よりディープな界隈に入ると、ストロング金剛・丹古母鬼馬二コンビにも似た、呼び込みのおじさんたちが迫りくる。案内所だらけのジブラルタル海峡を越え、風林会館を曲がり、区役所通りの緩い坂道を、どんぶらこっこと進んでいくと、ようやく「ロザーナ」に辿り着いた。

「よくぞ生き残った我が精鋭達よ」

ありがとう、谷隊長。

違った。谷隼人じゃない。よく見ると、ボーイが私に、指名の有無を尋ねていた。

食い気味に、エリカ嬢の名を告げる私。長い階段を下ると、ついに、たけし城ならぬエリカ嬢のもとへとたどり着いた。

戦いは終わった……

いや、違う。戦いはこれからなのだ。私は、Xmasイヴを迎えひときわ華やいだ店内を見渡す。

どの嬢も、サンタ風のドレスを身に纏っている。エリカ嬢は、どんな衣装を着て私という煙突からやってきて、心の靴下にプレゼントを入れてくれるのだろうか。ワクワクしすぎて、ロマンティックが止まらない。止まらなすぎる。

「アセちゃ~ん! 来てくれてありがとー!」

両手を振りながら、私の横に腰掛ける、エリカ嬢。

その姿は、鎖骨・へそ出し・ミニスカサンタ。超カワイイ。あまりにもセクシーなサンタクロースに、私のハートはストップモーション。

「ねえねえ、うちのサンタ、どう? 似合うかなあ?」

体をくねらせ、すり寄って評価を待つエリカ嬢。私の中の審査員が、ジャルジャルに対する立川志らくと同じ高得点を叩き出す。

「ほんとう? 99点? 超嬉しいー! じゃあ、飲も、飲も?」

そうだ。今日はXmas。特別な日に相応しく、2人のために乾杯しなければ。

「シャンパン、入れてくれるんだよね?」

キラキラした瞳で、上目遣いで私にねだる、エリカ嬢。もちろん、そのつもりでやってきた私。シャンパンの市場価格調査を済ませてきているのだ。不安はまったく、ない。

私は、ボーイを呼ぶと、シャンパンのオーダーをすべく、メニューを広げた。

ない。

私が市場価格調査を行った際に見て、あたりをつけておいた、5,000円のシャンパンが、ない。

あるのは、万単位のものばかり。最低価格は、30,000円。そんな、バカな。どこかに、もっとリーズナブルな価格のシャンパンがあるはずだ。探せ、探せ、探すんだ、私。

「どれに、しよっか?」

ない、ない、ない。でもとまらない。

「どれに、しよっか?」

2回言う、嬢。

私は、静かに、メニューを、閉じた。

〜シーズン3 第11回へ続く〜

シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第1回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第2回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第3回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第4回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第5回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第6回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第7回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第8回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第9回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第10回

アセロラ4000「嬢と私」まとめページはこちら

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい