【連載】WAgg Vol.14 愛「今のWAggを最強にして、次は新しい最強を作っていきたい」

WAggメンバー8人の中で唯一、2019年3月に行われたWACK合宿オーディションに参加しなかった愛。その理由はあまり語られていなかったが、そこには愛なりの明確な理由があった。過去の合宿オーディションを観てWAggに応募したという彼女が、今年の合宿に参加しなかった理由とは? 前回のソロ・インタビューに比べて言葉がたくさん出てくるなど、明らかに成長がわかる愛へのインタビューをお送りする。

インタヴュー&文:西澤裕郎
構成:横澤魁人
写真:外林健太


もっと強くなってから合宿に行きたかった

──愛さんは、今回のWACK合宿オーディションに参加されませんでした。合宿期間中はどんなことをしながら過ごしていたんでしょう。

愛:とにかくダンスと歌の練習をしていました。合宿期間中は、自分なりにできることをしたいと思って。朝早く起きて、走って、あとはスタジオでずっと練習をしていました。

──単刀直入に、どうしてWACK合宿オーディションに参加しなかったんでしょう?

愛:自分が合宿に参加するのは、今じゃなくてもいいなと思ったからです。もし合宿に行く事になって、自分が先輩グループに昇格することになったり、新しいグループができてそこに入っても、即戦力にはなれないなと自分では思っていて。もっとWAggでスキルを上げたいし、もっと強くなってから合宿に行きたかった。即戦力としてグループに入れるようになってから行きたいと思って、そう決めました。

──1月3日に開催された〈WACKなりの甲子園〉では、マリン・バさんが「WAggのメンバー全員が合宿に参加します」と宣言をしていました。その時は愛さんも、合宿に参加する意思があったと思うんですけど、どうして気持ちが変わっていったんでしょう?

愛:合宿の開催を知った時は、その先の事を特に考えず、とにかく合宿に行きたいと思ったんです。WACKを知ってWAggに入ろうと思ったきっかけもニコ生で観た合宿だったということもあって、合宿に行きたいという気持ちが強かったんです。でも合宿が近づくにつれて、よく考えてみたら合宿に参加して先輩グループに入ったり、新グループになれたとしても自分に何ができるっけ? って。今せっかくWAggで自分を強くしていけているし、スキルを上げている途中なんだから、もっとWAggでできることがあるんじゃないかと思い直しました。

──即戦力になりたいという話がでましたが、WAggの中で成長をしている実感があって、まだまだ鍛えられる部分があると思ったわけですね。

愛:最近、歌うことが本当に楽しくなってきたんです。今までずっと歌だけには自信がなかったんですけど、最近は声が出ることが気持ちよくて。ボイストレーニングの先生に「声量が2倍になった」とも言われて、それもすごく嬉しかったんです。楽しいと思えるようになったし、ちょっとレベルアップができたかなと思っています。

──確かに、今までのインタビューではダンスのことを語ることが多かったと思います。そこから、歌にも意識が向けられるようになってきたんですね。

愛:今までは、曲の中でも「どうせ自分は歌うところ少ないし、歌えなくても大丈夫」という考えから始まってしまっていて。その分、ダンスで目立てていればいいんだという考えだったんです。歌うことが楽しく思えるまでになれたのは、だいぶレベルアップできた証拠かなと思います。

グループとしての覚悟が足りていないのかなって

──WACK合宿オーディションの前にWAggのメンバーが集められて、渡辺(淳之介/ WACK代表)さんに、「グループとして考えすぎ、もうちょっと個人としても頑張った方がいいんじゃないか」と伝えられたと聞きました。WAggの他のメンバーはその言葉を聞いて、グループのことより自分の頑張りを優先しすぎてしまったと言っていましたが、愛さんはどのようにその言葉を捉えたのでしょう?

愛:自分のことばかりを優先するという意識はなかったです。確かにWAggは8人でやっているから、個人個人のスキルを上げることは当たり前のことだけど、8人のグループとしてレベルアップしていかないといけないってずっと思っています。

──WACK合宿オーディションでは渡辺さんが、WAggの集客は苦戦しているということも言っていました。そのような状況に関してはどのように思いましたか?

愛:その話が出た時は、すぐに頭の中に自分の考えが出てこなかったんです。今までは、あまり集客のことを考えずにやってきたけど、きっとWAggに足りないものがあって、グループとしての覚悟が足りていないのかなって。グループとしての覚悟を変えていければ、お客さんからの見え方とかも変えていけるんじゃないかと思います。

──うまくダンスを踊ればいいとか、歌をうまく歌えば集客があがるというわけでもないから難しいですよね。

愛:ちょっと難しいです。現実的な部分で、どうやったらお客さんの数が増えるのかという答えはまだ見つからないです。

──WACK合宿オーディションの話に戻りますが、ニコニコ生放送で合宿の様子は観ていましたか?

愛:合宿期間中は、朝起きて、走って、練習してと、1日中ずっと動いていたので、ニコ生もTwitterも観る時間がなくて。本当に観ないまま過ごしていました。

──現地の様子は、気にはならなかった?

愛:気になってはいたんですけど、自分は合宿に行っていない分レベルアップしなきゃという気持ちで、ひたすら練習をしていました。焦りもあったのかもしれないです。日中はニコ生とかTwitterを観ずに、夜とかに少し観てその日あったことを把握していました。

──2日目にマリン・バさんとサアヤイトさんが脱落者として呼ばれましたが、WAggのメンバーが脱落していくことに対してはどういう風に感じていましたか?

愛:脱落があるとは思っていなかったんですよ。WAggのメンバーが落ちるとか、合宿から帰ってくるなんて想像していなかった。脱落する人が出ても、救済措置で誰も帰ってこないってずっと思っていて。サアヤイトさんが帰って来るまでそう信じていました。

──脱落して帰ってきたメンバーとは一緒に過ごしていた?

愛:お迎えに行って、次の日から一緒に練習をしました。

──どんな風に言葉をかけて、迎え入れてあげたんでしょう。

愛:迎えに行く前まで、本当に言葉に悩んで……。結局お迎えに行った時も、上手く言葉をかけてあげるとかはできなくて。でも単純に会えたことが嬉かった。笑顔でたくさんお話をしました。

WAggの解散ライヴにしようという話をして

──〈WACK EXHiBiTiON〉に向けて6日目に壱岐島に着いたそうですけど、どんな雰囲気だったんでしょう。

愛:向こうに着いた時は、緊張もあったんですけど、楽しみもあって。着いてその日にメンバーのナルちゃん(ナルハワールド)、ウルウ・ル、アンちゃん(ア・アンズピア)と話せたので嬉しかったです。これまでずっと一緒に練習してきて、他のWACKのグループよりもメンバー同士一緒にいる時間が長いんじゃないかと思うので、会わない期間がほんとうに長く感じて。話せたこと、会えたことだけで、嬉しいがいっぱいでした。

──久しぶりの8人でのライヴ〈WACK EXHiBiTiON〉を振り返ってみて、どんなライヴになりましたか?

愛:緊張がすごかったので一瞬で終わりました。でも前日に全員で意思統一をしたりしたので、気持ちがまとまったライヴができたんじゃないかなと思います。感情が沢山あふれてきて泣きそうになりながらのライヴだったんですけど、それをハナちゃん(ハナエモンスター)に話したら、ハナちゃんも泣きそうになりながらライヴをしていたみたいで。やっぱりみんなの気持ちがまとまったライヴだったのかなと思いました。

──前日の意思統一っていうのはどんなことをしたんでしょう?

愛:泊まっていた部屋が違ったので、電話を繋いでみんなで話しました。みんなでBiSさんの横浜アリーナ解散ライヴでの「primal.」の動画を観て、〈WACK EXHiBiTiON〉をWAggの解散ライヴにしようという話をして。その動画を観ながら、1人ずつライヴではこうしたいという事を言い合いました。

──「WAggの解散ライヴにしよう」というのは、翌日誰かが昇格して、この8人が最後になるかもしれないからということ?

愛:その可能性もあるかもしれないし、自分としては、みんな気持ちが変わって強くなった生まれ変わるためのライヴだと思っていたので、その気持ちでライヴをしました。

──ライヴ後の合格者発表で、ナルハワールドさんがGANG PARADEに昇格すると発表されました。その時はどんな気持ちでしたか?

愛:すごく嬉しかったです。でもすっごい悲しくて、さみしくもなりました。ナルちゃんがGANG PARADEに行くことはすごく嬉しいし、絶対頑張ってほしいと思っているんですけど、さみしいと悲しいもすごく強くて。今もその気持ちはずっと変わらないです。ナルちゃんが合宿中に行われた学力テストで、WAggメンバーの名前を愛だけ書き忘れた事があって。そのとき「ごめんなさい」ってLINEが長文で来たんですけど、「大丈夫だよ」って返信しても、まだ「ごめんなさい」って返ってきて。だから、「チロルチョコ買ってね」って返信したんです。今までナルちゃんとあまり話せてなくて、LINEとかもあまりしたことなかったんですけど、それをきっかけに、もっと話したいなと思えるようになれたので、GANG PARADEに行っちゃうと思ったら悲しくなっちゃいました。

──そんなやりとりがあったんですね。

愛:「人としていけないことをしました」とか、「許されると思っていないけど、本当にごめんなさい」ってLINEがたくさん来て(笑)。びっくりしました。実は、そのLINEが来た時、ナルちゃんが何で謝ってるのか知らなくて、ママに「どういうことだろう?」って訊いたら、名前の経緯を教えてもらって初めて知りました。でも私は全然気にしない性格なので、本当に大丈夫だったですよ。ナルちゃんに「全然大丈夫だよ」って送ったんですけど、名前を1人だけ書き忘れた相手から「大丈夫だよ」って言われたらきっと怖いだろうなと思って。だからナルちゃんにチロルチョコ買ってねって送ったんです(笑)。

──気を遣ってのチロルチョコだったんですね(笑)。

愛:自分ではチロルチョコ1個だと思って書いていたんですよ。それなのに、この間会った時に、アンパンマンチョコ7個とチロルチョコ30個入りと、まだ他にもチョコをいっぱいくれたんですよ(笑)。

──相当、罪の意識があったんでしょうね(笑)。

愛:申し訳なくなりました(笑)。でも嬉しかったです。

ナルちゃんはすごく大きい存在

──5月16日にはイモウト(仮称)がWAggに入る発表もされましたが、それに関してはどういうことを思いましたか?

愛:発表された瞬間だけですけど、イモウト(仮称)とは絶対仲良くなれない、関われないと思って。本当に嫌で、絶対仲良くしないって思っちゃいました。実際、自分1人だけイモウトのところに駆け寄れなくて。悔しくて、悲しくて、情けなさすぎる気持ちになりました。

──何が情けない気持ちだったんでしょう?

愛:なんで駆け寄れないんだろうって。自分がそういう気持ちになったという事が悔しかったです。

──その後、イモウト(仮称)と喋る機会はありましたか?

愛:はい。練習に来て、すぐに仲良くなりました。今もすごく話しますし、仲良しです。この間「私のこと嫌いですか?」って聞かれたので「そんなに嫌いじゃないよ」って返したりして。冗談を言い合ったりしています。すごいおもしろい子で沢山話します。

──これから新体制に変わるまで、どんなライヴにしていきたいと思っていますか?

愛:今の8人でWAggをずっとやってきて、ナルちゃんはすごく大きい存在。だから、あとちょっとで居なくなる実感があまりなくて。まだみんなの気持ちがまとまっていないんです。でも、ナルちゃんがいるWAggが最強だったと、今ライヴに来てくれている人たちに焼き付けられたらなって思います。

──イモウト(仮称)が入った後、新体制のグループはどんなグループにしていきたい?

愛:ナルちゃんが抜けて、イモウト(仮称)が入るということはWAggにとって新しいことなので、WAggはWAggだけど、また1から、どんどんいいものを作っていきたいと思います。そのために、みんなでいっぱい話し合ったりしていきます。新しいWAggは、今のWAggと一緒じゃなくてもいいと思っていて。今は今のWAggを最強にして、次は新しい最強を作っていきたいです。イモウトが入って、WAggは絶対に変わると思う。まだ想像がつかないです。でも、楽しみです。


これまでのWAggインタビューをあわせてチェック!
WACKを揺るがす8人の女の子たち──アイドル育成プロジェクト“WAgg”初インタビュー
Vol.1──ナルハワールド「素直さや元気さを出していきたい」
Vol.2──マリン・バ「WAggで1番になりたい」
Vol.3──ウルウ・ル「WAgg8人で、いいねって思われたい」
Vol.4──アンズピア「今の目標は、楽しむこと」
Vol.5──ウタウウタ「一体感を作りながら個性を乗せていけるグループにしていきたい」
Vol.6──愛「もっともっと意識を高く持ちたい」
Vol.7──サアヤイト「8人の個性が伝わるようなグループにしたい」
Vol.8──ハナエモンスター「8人で会場を埋められる存在になりたい」
Vol.9──マリン・バ「人に必要とされる存在にならなければいけない」
Vol.10──ナルハワールド「ギャンパレに新しい何かを与えられる存在になりたい」
Vol.11──ア・アンズピア「WAggのグループとしての結束を固めて突き進んでいきたい」
Vol.12──ハナエモンスター「上に行かないといけないなという気持ちは変わらない」
Vol.13 ──ウルウ・ル「WAggでデビューさせたいと思われるぐらいいいグループにしたい」


WAgg PROFILE

マリン・バ / ウルウ・ル / ウタウウタ / ア・アンズピア /ナルハワールド / 愛 / サアヤイト / ハナエモンスター

■WAgg Official HP
http://www.wagg.tokyo/

・WAgg Official Twitter
WAggidol

・WAggメンバー Twitter
マリン・バ : @MARiN_WAgg
愛 : @L0VE_WAgg
ア・アンズピア : @ANZU_WAgg
ウタウウタ : @UTA_WAgg
ハナエモンスター : @HANAEMON_WAgg
サアヤイト : @SAYA_WAgg
ナルハワールド : @NARUHA_WAgg
ウルウ・ル : @URUURU_WAgg

WAgg「WAggs」

2019年5月19日(日)埼玉県 浦和ナルシス ※ナルハワールド卒業公演
2019年5月26日(日)東京都 TSUTAYA O-nest ※セントチヒロノイモウト(仮称)お披露目公演
2019年6月2日(日)名古屋 CLUB 3STAR IMAIKE
2019年6月16日(日)大阪 club MERCURY
2019年6月23日(日)東京 TSUTAYA O-Crest
2019年6月30日(日)仙台 LIVE HOUSE enn2nd

料金:4,000円(tax in.)(オールスタンディング/入場整理番号付/入場時にドリンク代別途必要)
※未就学児童入場不可
※ダイブ/サーフ/モッシュ/リフト禁止
チケット:http://w.pia.jp/t/wagg/

.

あわせて読みたい