StoryWriter

こんにちは、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

ただでさえ暖かくなったかと思えば急に寒くなったりと温度差に翻弄される中、最近はまあ色々と大変な世の中なので癒しを求めている方は多いのではないでしょうか?

これは常日頃から考えていた事ではありますが、もし世の中の情勢がグラついた時に医療や生活に関わることは必要不可欠なので、まずエンターテイメントなど娯楽の世界からダメージを受けてしまうのは仕方のない事ではありますが、なんだかなあ…… と寂しく思う気持ちも抱いてしまう今日このごろです。

映画もいくつか公開延期になったりとしている中、今週はどこか心の安らぎを求めながら優しい空気を漂わせた作品に辿り着きました。

Vol.37『架空OL日記』

☆4.2/☆5.0点中

公式ページ:https://www.kaku-ol.jp/

 

憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの“私”(バカリズム)の1週間が始まった。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤玲)と入社8年目の小峰(臼田あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

お笑いは勿論のこと、脚本・小説・イラストとマルチな才能を発揮し続ける唯一無二の芸人、バカリズムさんが‪2006年から3年間、銀行に勤めるOLになりきり、日々のあれこれをこっそり綴っていたブログ。‬鋭い観察眼によるリアルな日常は多くの読者を「本物のOLだ」と信じ込ませ、著者の正体が分かった時は騒然、一躍話題となりました。

そのブログを書籍化した『架空OL日記』‬を原作とした連続ドラマが2017年に放送され、2020年についに映画化。夏帆・臼田あさみ・佐藤玲などと錚々たる女優陣の中でバカリズムさんがそのままの姿で不思議と違和感無く溶け込み、主人公のOL”私”役を演じています。

とあるOLの何の変哲もない日常を描いた終始ゆるい会話劇でこれといった展開もありませんが、とにかく面白い。「こういうやり取りやっちゃうわ〜」や「そういうタイプの男の人いるよね〜」と勝手に”あるある”と頷きながら、気付けばゲラゲラと声を出しながら笑っていました。

朝の起きた瞬間から、化粧中、通勤途中、休日の過ごし方、更衣室の会話やランチタイムの会話までいちいちリアルでOLでなくても当てはまる普遍的な女性の生態が詰め込まれていて、バカリズムさんの鋭い観察眼に思わず小さく拍手してしまいそうになります。

この作品は男女で笑いどころに差が出そうなのも面白いポイント。大雑把に言えば男性視点では、更衣室など見えないところでの女性の裏側に「怖っ(笑)」という笑い。女性視点では「めっちゃ分かる〜」といった共感性の笑い。性別問わず楽しめる作品でありながらも、女性のありふれた日常を何も飾らずに描いているからこそ、男女によってはっきりと捉え方が変わるのではないでしょうか。

そして終わらせ方にもバカリズムさんのセンスが光り、流石としか言いようがない締め括り。

“映画”という何か事件が起こるであろうという固定概念を捨てて、映画だからって何も起こらないし、なんてことない平凡な日常を何も考えずにひたすらぼーっと観る。そんな時間こそ今、私たち日本人に必要なのではないかと気付かされ、ぽかぽかと心が解れるような感覚に癒されました。

映画館全体が笑いに包まれとてもゆるくてあったかい、まるで実家かの様にリラックスして家族でテレビを観ているような空間が出来上がる。

“なんてことない日常”を極めた、特に何も起こらない、そんな素晴らしくゆる〜い映画です。

※「今日はさぼって映画をみにいく」は毎週火曜日更新予定です。


「今日はさぼって映画をみにいく」のバックナンバーも合わせてチェック!!

Vol.1 『ハウス・ジャック・ビルト』
Vol.2『ピアッシング』
Vol.3『凪待ち』
Vol.4『Diner ダイナー』
Vol.5 『劇場版 Free!-Road to the world-夢』
Vol.6『トイ・ストーリー4』
Vol.7『チャイルド・プレイ』
Vol.8『アンダー・ユア・ベッド』
Vol.9『存在のない子供たち』
Vol.10『永遠に僕のもの』
Vol.11『ゴーストランドの惨劇』
Vol.12『惡の華』
Vol.13『アス』
Vol.14『人間失格 太宰治と3人の女たち』
Vol.15『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
Vol.16『アナベル 死霊博物館』
Vol.17『JOKER』
Vol.18『クロール-凶暴領域-』
Vol.19『ボーダー 二つの世界』
Vol.20『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
Vol.21『マチネの終わりに』
Vol.22『グレタ GRETA』
Vol.23『テッド・バンディ』
Vol.24『ドクター・スリープ』
Vol.25『マリッジ・ストーリー』
Vol.26『カツベン!』
Vol.27『ラスト・クリスマス』
Vol.28『屍人荘の殺人』
Vol.29『パラサイト 半地下の家族』
Vol.30『シライサン』
Vol.31『ペット・セメタリー』
Vol.32『ジョジョ・ラビット』
Vol.33『his』
Vol.34『犬鳴村』
vol.35『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
vol.36『ミッドサマー』

「それでも映画は、素晴らしい。」のバックナンバーも合わせてチェック!!

【連載】Vol.1『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』(推薦者:テラシマユウカ)
【連載】Vol.2『ライフ・アクアティック』(推薦者:渡辺淳之介)
【連載】Vol.3『そこのみにて光輝く』(推薦者:ココ・パーティン・ココ)
【連載】Vol.4『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(推薦者:沖悠央/SCRAMBLES )
【連載】Vol.5『ライフ・イズ・ビューティフル』(推薦者:GANG PARADE マネ 辻山)
【連載】Vol.6『ヘアスプレー』(推薦者:花柄ランタン ぷき)
【連載】Vol.7『はじまりへの旅』(推薦者:ランタン 村上真平)
【連載】Vol.8『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(推薦者:松隈ケンタ)
【連載】Vol.9『シカゴ』(推薦者:ユイ・ガ・ドクソン)
【連載】Vol.10『トイ・ストーリー3』(推薦者:T-Palette Records 古木智志)
【連載】Vol.11『青春の殺人者』(推薦者:岩淵弘樹)
【連載】Vol.12『時計じかけのオレンジ』(推薦者:BiS ムロパナコ)
【連載】Vol.13『トレインスポッティング』(推薦者:蒲鉾本舗高政高政社長)
【連載】Vol.14『ドリーマーズ』(推薦者:美容室code+LIM ワタロー)
【連載】Vol.15『トゥルー・ロマンス』(推薦者:UGICHIN)
【連載】Vol.16『メリー・ポピンズ』(推薦者:ヤママチミキ)
【連載】Vol.17『ハイスクール・ミュージカル』(推薦者:アヤ・エイトプリンス)
【連載】Vol.18『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(推薦者:平賀哲雄)
【連載】Vol.19『天使にラブ・ソングを…』(推薦者:テラシマユウカの母)
【連載】Vol.20『少年は残酷な弓を射る』(推薦者:テラシマユウカ)
【連載】Vol.21『ローマの休日』(推薦者:エビナコウヘイ)
【連載】Vol.22『湯を沸かすほどの熱い愛』(推薦者:セントチヒロ・チッチ)
【連載】Vol.23『あの日々の話』
【連載】Vol.24『万引き家族』(推薦者:ハルナ・バッ・チーン)
【連載】Vol.25『クレイマー、クレイマー』(推薦者:テラシマユウカの父)
【連載】Vol.26『プラダを着た悪魔』(推薦者:LEBECCA boutique ブランドディレクター、赤澤える)
【連載】Vol.27『ザ・マジックアワー』(推薦者:ごんちょく)
【連載】Vol.28『下妻物語』(推薦者:キャン・GP・マイカ)
【連載】Vol.29『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(推薦者:ナルハワールド)
Vol.30『ホラー映画オススメ10選』
vol.31『きみに読む物語』(推薦者:ももち)

テラシマユウカ


2014年に結成され、現在10人組として活動中のアイドル・グループGANG PARADEのメンバー。2016年に行われた新生BiSの合宿オーディションに参加し、BiS公式ライバル・グループSiSのメンバーとして活動を始めるが、お披露目ライヴ直後にまさかのグループが活動休止。2016年10月にGANG PARADEへ電撃加入し、多くを語らない性格ながら強い意志と美学を持ってグループになくてはならない存在に。映画好きが高じて、StoryWriterにてテラシマユウカの映画コラム「それでも映画は、素晴らしい。」の連載スタート。

テラシマユウカ Twitter

PICK UP